お金を借りたい!何が必要なの?

お金を借りたい!何が必要なの?

急にお金が必要になった時、その日のうちに即日融資をするために重要なのは、契約に必要な書類を準備しておくこと。
書類さえ揃っていれば今日お金を借りられったかもしれないのに、書類に不備があったせいで翌日以降になってしまうこともあります。
即日融資を実現するために必要な書類は、申し込みをする前に事前に確認しておくようにしましょう。

 

今日お金を借りるために最も重要なものは?

まず、身分証明書と印鑑は必ず必要です。
この2つが揃っていないと間違いなく契約できません。

 

身分証明書は、免許証で大丈夫ですが、意外と見落としがちなのは免許証に記載されている住所と現住所が違う場合。
引越しをして、免許の更新をしていない場合、警察に行って住所変更を行う必要があります。
免許の裏面に新しい住所の記載があれば、住所変更済みということで、その免許証は身分証明書として認められます。

 

現住所と記載している住所が違う場合は、公的な書類(市や区から送られてくる、納税の書類など)で現住所の記載があるものを一緒に持っていく必要がありますので、もし変更していない場合は必ず持参するようにしましょう。

 

免許証を持っていない場合は、住民票・健康保険証のどちらかが必要です。
とはいえ、家に常に住民票を置いている人はいないですよね。
健康保険証は持っていると思いますので、持参してください。

 

また、印鑑はスタンプタイプの印鑑でなければ認印でも問題ありません。
実印である必要はありませんので、こちらもスタンプタイプでない印鑑を準備しておきましょう。

 

借りる金額によって所得証明が必要な場合があります

ほとんどの場合、所得証明は不要なのですが、借りたい金額によっては必要な場合があります。
金額については、各キャッシングの公式サイトの必要書類の項目に記載がありますので、該当する場合は所得証明を準備してください。

 

所得証明書、源泉徴収票、給与明細書、確定申告書といった、現在定期的に収入があります、ということを証明するための書類になります。50万円を超える場合は必ず必要になりますので準備しておきましょう。
ただし、あまり初回の契約で50万円借りれることはないと思いますので、もしすぐに手元になければさほど気にすることはないでしょう。

 

お金を借りたいけど夜間の在籍確認ができない場合

夜間の場合は在籍確認ができないパターンは多いですね。
こういった場合、社員証や給与明細などを持っていると在籍確認を後日に回してくれるパターンもあります。
もちろん、全てではありませんが、キャッシングの契約を夜間でも受け付けているということは、そういうことも想定しているはず。
口コミの中にも、「在籍確認ができない時間だったが、社員証を提出することで契約ができた」という例が見られるようです。

 

また、どうしても在籍確認が必要な場合は翌日にはなってしまいますが、念のため夜間の契約の場合は社員証や給与明細を準備しておくことも考えておいてください。

 

確実に当日お金を借りるために重要なのは?


とにかく必要書類の不備がないか確認することです。
書類の不備はどうすることもできませんし、公共機関も夜間は手続きしていません。
もし書類の不備が見つかったら、まだ早い時間であれば当日お金を借りることはあきらめて翌日に確実に借りれるよう、書類をそろえる方に時間をかけてください。

 

申し込みはインターネットから24時間可能です。
その日に書類を準備したら、スマホやパソコンから申し込みをしておけば、次の日の朝8時頃から手続きは行っていますので、朝一番で審査を受ければ最短翌日の朝にはお金を借りることができますので、あせらずしっかり準備を進めてください。